阿蘇マルキチ醤油 醤庵だより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

しめ縄が新しくなりました

先日もご紹介しましたが、
醤庵の恵比寿様の注連縄(しめなわ)が新しくなりました
立派な注連縄でしょう。
高森町の草部(くさかべ)というところにお住まいの方にお願いして
神様用の注連縄を綯っていただいたのだそうです。

注連縄を綯う(しめなわをなう)なんて
若い方が聞いても、なんのことやらわからない方もいらっしゃるかもしれませんが
縄は「編む」のではなくて「綯う」というのです。
日本語は美しいですね



縄を綯うのにもいろいろと決まりがあるそうで、
右回り(時計回り)に綯うのが「右綯え(みぎなえ)」、
反時計回りに綯うのが「左綯え(ひだりなえ)」といって
神様には「左綯え」に綯った縄を張るのだそうです。

注連縄は「神の領域と現世とを分けて
神の領域に不浄なものが入らないようにする結界」
ですから、注連縄の先は神の領域となります。
結界が新しくなって
奥に鎮座されている恵比寿様の表情も
どこか喜んでいらっしゃるような・・・

image1.jpg

写真ではうまく表せなかったのですが
縄がうっすらと緑色なのがおわかりになるでしょうか・・・?

神様にお供えする注連縄は、
お米を刈り取ったあとの稲わらではなく
稲穂が垂れる前の青いときに刈り取った稲で綯うのだそうです。

日本の伝統・・・
今日はちょっとお勉強しちゃいました

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。